ニューヨーク日和-The heart of it-

東京で3年間会社員として働いたあと、2015年7月ニューヨークに留学。2017年秋、大学院生活が始まりました。

OPTカード・・・

大学院を卒業してから早くも2週間が経ちました。

 

私は有難いことに卒業前にマンハッタンにある企業からインターンシップのオファーをもらっていたので、問題なくOPTが開始できるはずでした・・・・

 

が!!!

 

 

OPTカードが届かない!!!

 

 

OPTカードというのは正しくはEADカードというんですが、申請してから受け取りまでは約90日前後かかると言われています。

 

私は申請書類を提出したのが2019年3月26日でUSCISに受理されたのが3月28日なので、6月末ぐらいに届く計算になります。

 

これがポータルサイトに表示されている私のケースです。

f:id:c-omori-0610:20190618042127j:image

通常、この表示になったらとにかく「待つのみ」。そして、カード作成や発送のプロセスになって初めてこの画面がかわります。

 

オファーをくれた企業は6月3日からインターンを始めてほしいと伝えてきましたが、私のOPTスタート日は6月17日だったので、(それまでにカードが届くことを祈るしかないですが、)それを企業に伝えて6月17日開始に延期してもらいました。

 

そして、6月13日になってもカードが届く気配がなかったので人事に連絡して一か八かの交渉をすることにしたのです。

 

私は「OPTカードが期日に届かない可能性があります。しかし、無給インターンとしてスタートして(実質企業に働いているという記録が残らない形で就労させてもらい、)OPTカードが届いたら今まで働いてきた分をボーナスとしてもらえませんか?」というメールを送りました。

 

そして、その答えは・・・

 

NO💦😭

 

人事から長いメールが届き、Work Permitがない人を雇うことは企業としてできない。違法になってしまうから。とのこと・・・。 

 

カードが届いたら連絡してほしい。

 

とのこと。😭😭😭😭😭

 

憧れのアメリカの大企業からオファーをもらい、半分浮かれてた私に、ついに神さまが試練を与えてきたんだな・・・という感じがしました。

 

OPTカード、問題なく6月末ごろまでには届いてくれることを祈ります。

 

何ヶ月も遅れてしまうことは絶対に起こりませんように・・・。

 

「こういう私の力では何もできない」という問題に直面した時、私に唯一できることは、

 

悪い方向に運がいってしまわないように、生活を整え、運動をして、体に良いものを食べ、良く睡眠を取ること。あとは他人に優しくすること。

 

良い運が巡ってくることを祈りつつ、日々を過ごそうと思います。

 

#大学院留学 #OPT #海外就職 

 

 

卒業しました

2019年5月31日にCity College of New Yorkを卒業しました。

 

環境工学修士号を取りました。

https://www.instagram.com/p/ByK4FwhHske/

卒業式👩‍🎓環境工学の修士号を取ったよ🎓🌸I graduated with Master of Science in Environmental Engineering at the City College of New York. It wasn’t easy but it was always worth it✨ I’m grateful to all of you who have been encouraging me🥰#ccnygrad2019 #ccny #ccnygrad #mastersdegree #graduation #gradschool #cuny #newyork #manhattan #environmentalengineering

 

アメリカの大学院なんてかっこいい!と昔は思ってました。

でも、卒業してみると案外呆気ないものです。笑

 

でもね、すんごく達成感に満ちてます✨

 

大学院留学したい人はお気軽に質問どうぞ!

 

iPad Pro を買いました

今日、ほぼ勢いではありますが、iPad Proを買ってしまいました。

 

それが思ったよりめっちゃ良くてわたし的には大満足です。

 

もちろんApple Pencilとキーボードも一緒に。

 

これでお絵かきとかもできるし、写真に絵を書くこともできるし、手軽に持ち運んでブログを更新することもできるからかなりハッピー!

 

新しいインスタアカウントも開設して、お絵かきアカウントも作ろうと思う。

 

f:id:c-omori-0610:20190504134808j:image

 

キンドル本出しています。

実は2017年末にKindle本を出しています。

 

初心者が試行錯誤して書いた本であんまり売れていないですが(爆)

 

良かったら150円なので、お試しくださいませ★

 

 

 

:-D

 

#kindle #大学院留学

 

ステージが上がった時

f:id:c-omori-0610:20190403050933j:image

※この記事は2018年7月3日に書いたものです。


友達関係は人生のその時々で変わっていくものだと思います。


私はニューヨークに来てから来月で丸3年になりますが、日本で仲が良かった友達との連絡の頻度はかなり減ってきています。


また、ニューヨークに来てからも語学学校に通っていたころの友達、大学院に入ってからできた友達、インターンを始めてから知り合った同僚など、周りにいる人は変化しています。


年に1度のペースで一時帰国していますが、大学時代の友達や元同期のメンバーで遊んでも昔のように馬鹿話をして騒ぐ、みたいにならないのです。

 

みんなは仕事、結婚、芸能人について話していましたが、私は就労ビザ、大学院の履修登録、ニューヨークの家賃などについて話している、、みたいな感じです(笑)

 


なんていうか、同じ世界を生きてるような感じがしないのです。

 


私は人生の中で環境が変わると周りの人々や友達も変わっていくものだと確信しています。そして、友達が移り変わっていくのは自分自身がアップグレードされていっている証拠だと捉えるようにしています。

 


昔を懐かしみ、変化を不安に思う気持ちももちろん理解できますが、それを恐れずに突き進んだ先にはまだ見たこともないような景色が広がっています。

 


仲が良い友達との会話の中で違和感や価値観の違いを感じたら、自分と相手のレベルに差が生じている証拠です。

 


新しい知り合いを見つけるチャンスが巡って来たのかもしれません。


何事もプラスに捉えてハッピーに生きていきましょうね(ᵔᴥᵔ)


#ニューヨーク #日記 #留学 #考え

ひとり時間の大切さ

※この記事は2018年6月29日に書いたものです。

f:id:c-omori-0610:20190403043841j:image

 

すごく忙しい日々を過ごしていると、何もかもに疲れてイライラしてしまうことがあります。


日本で会社員をしていた頃は、新築のマンションに一人暮らしをしていたので、会社から帰ると基本的には一人でゆっくり湯船に浸かったり、本を読んだりして疲れを癒していました。

 


また、会社帰りにカフェに寄ってゆっくり過ごすだけでもすごく気分転換になっていました。

 


ニューヨークはすごく家賃が高く、シェアハウスでも東京での一人暮らし同等の家賃を払わなければなりません。私もシェアハウス歴はもうすぐ3年になります。

 


ルームメイトと楽しく過ごすことはできるけど、やはり独りぼっちになってゆったりするのとは少し違います。ルームメイト同士が話している声はいつも聞こえてくるし、お風呂場やトイレ、キッチンはシェアなので、料理をしているとルームメイトに会うことも多いです。

 


こんな環境なので、「人に疲れてしまう」という状況が無意識のうちに起こっている気がします。

 


なので、一人になってゆっくり物事を考えたり、ノートに考えたことを書き出したりする時間を意識的に作って、なるべくストレスを溜めないように気を付けたいと思います。

 

特に、最近本当にストレスが溜まっているような気がします。

 


夏休みになったけど、インターンなどで毎日働いているので、ゆっくり息つく暇もありません。幸いインターンは残業などもなく、夕方には帰ることができるので、カフェなどで一人になる習慣を作っています。

 


そしてネットを見たり、ブログを書いたり、自分の好きなように過ごしています。

 


 

皆さんはちゃんと「ひとり時間」を確保できていますか?

 


少なくとも1日30分から1時間は誰にも邪魔されない自分だけの時間を作れるといいと思います。

 


#ひとり時間 #日記 #ニューヨーク 

自分がなりたい女性像

私には憧れの女性モデルがあります。

f:id:c-omori-0610:20190402142104j:image
それは、Brooklyn(ブルックリン)のWilliamsburg(ウィリアムズバーグ)に住んでいる女性たちを観察して得たものです。

 

ウィリアムズバーグはブルックリンの中でも一番オシャレで洗練された街です。
カフェや雑貨屋が並び、建物も昔のままの良さを活かしつつリノベーションされています。

 

その街を歩く女性をよく観察すると、自分が「こうなりたい」と思う要素を沢山持っていることに気が付きました。

 

 

1.朝早く起きて朝活をしている人が多い

ヨガやジムは早朝から空いており、通勤前の時間などを利用してエクササイズをしている人が多いです。また、カフェなどで朝ご飯を友人と楽しんでいる姿もよく目にします。

 

2.おしゃれだけどやり過ぎ感はゼロ

みんなオシャレで自分のスタイルを持っています。

しかしながら、どこか抜けているポイントを作り、リラックスできていかに快適に過ごせるかということも大切にしています。

例えば、スニーカーを履いていたり、髪はかなりラフにまとめていたり、ほぼノーメーク?と思ってしまうほど薄いメークだけど、ポイントメイクだけきちんとしていたり。

そういうのが見ていて心地いいなと感じます。

 

3.堂々としていて人生を楽しんでいる(ように見える)

日本人で一般的に「かわいい」とされるものとアメリカでの魅力的な女性はかけ離れていると思います。

アメリカの女性は自分の意見をしっかり持ち、それを口に出すことができます。他人からどう思われるかよりも自分がどう感じるか、という基準を持って行動するので、気が強いイメージですね。

私はアメリカ基準での美しい女性を目指したいと思っています。

 

もし憧れの女性像について考えたことがないという場合は、ノートに自分はどういう女性になりたいのかを書き出してみると、理想像がはっきりと浮かび上がってくるかもしれませんね。

 

自分自身も憧れに近づけるように努力したいと思います。

 

#Newyork #Brooklyn #ニューヨーク #女性