ニューヨーク日和-The heart of it-

東京で3年間会社員として働いたあと、2015年7月ニューヨークに留学。2017年秋、大学院生活が始まりました。

日本が世界一「貧しい」国である件について

最近、よく本を読んでいます!!

1~2日に1冊は当たり前になってるかもΣ(゚д゚;)

読書家の方々からすれば「別にそのぐらい普通でしょー」と思われるかもしれないけど。
昔から漫画ばかり読んでいて、苦手科目は国語、親からは「もっと名作を読みなさい」と言われ、完全に耳ダコ状態でした汗

余談はここまでにして・・・

興味深い本を見つけました(°∀°)b

【1000円以上送料無料】日本が世界一「貧しい」国である件について/谷本真由美

¥1,575
楽天


この本の著者である谷口真由美さん(@May_Roma)は、独自の視点で日本文化や日本人の古き良き(?)考え方をバッサバッサと斬っております(笑)

私は日本で生まれ育って海外にも旅行やプチ留学で行った程度なので、完全に日本的な考え方に凝り固まってしまっているなと感じました(´□`。)

言われてみれば、確かにおかしいなーって思うことも多々あるけど、それを改善するために声をあげようとまでは思わなかったよねDASH!


例えば・・・

・卒業式や運動会の練習をする
・生徒が学校の掃除をする
・学級会で話し合いをする


等々・・・

こういうことは「皆が何の疑いもなくやっているから」「学校の決まりだから」という理由でやっていましたが、現在の自分の役に立っているでしょうかはてなマーク


これは教育現場での一例で、この他にも日本独自の「おかしな」決まりは数知れずなんだろうなー。


「グローバル人材」とか言ってる会社も多いけど(うちの会社もそうかも・・・)、実際に会社の管理職はみーんな日本人だったりとか。
なんだかんだで変化を嫌う保守的な性格なのかもね(ノω・、)


こんな偉そうなことを書いている自分ですが、私自身も決して「自分は世界を舞台にやっていける」人材ではないです。


専門性もないし英語もろくに喋れないしねあせる



ただこのままぬくぬくしているわけにはいかないので、

・「当たり前」という考え方をやめる
・大多数の人が歩む道を疑ってみる


このあたりから始めてみますクマ


ではではー。