ニューヨーク日和-The heart of it-

東京で3年間会社員として働いたあと、2015年7月ニューヨークに留学。2017年秋、大学院生活が始まりました。

冒険に出よう

安藤美冬さん『冒険に出よう』を去年12月に購入。

【1000円以上送料無料】冒険に出よう 未熟でも未完成でも“今の自分”で突き進む。/安藤美冬

価格:1,260円
(2013/10/3 22:03時点)




安藤美冬さんは、肩書きや専門領域を決めない自由な働き方としてコラムニスト、コメンテーター、その他諸々の分野で活躍されている女性起業家です。

初めて本を読んだ時点では、こんな働き方もあるんだな~と思う程度でした。

安藤さんのように、フリーランスとして生計を立てている方々は、考え方の面で会社員と比べて大きく違う部分があると感じました。

それは 自分の人生を主体的に生きているところ です!!

会社員として働いていると、嫌な仕事、苦手な上司、ほぼ強制的な時間外労働など、自分の力ではどうにもならない理不尽なことがたくさんあります。
このような環境によって次第にモチベーションが下がっていき『やらされ感』に満ちた会社員生活になっていきます。
そして自分の思考が停止し、自分の人生から主体性が消えていってしまうのでしょう(´・_・`)


安藤さんのようなフリーランスの方は、
ソーシャルメディアなどを通じて自分自身をアピールすることによって仕事の依頼を受ける。
  ↓
②自分に合った仕事、もしくは今後の可能性を広げられそうな分野の仕事に取り組む。
  ↓
③報酬を受け取る。

…という主体性を持った(…というか主体性がなくてはできない)働き方をされています。

*******


私が安藤さん本を初めて手に取ってから約1年が経ちました。
1年前は、入社1年目だったこともあり、目の前の仕事をただこなすことで精一杯でした。

そして徐々に会社員としての生活に慣れてきた所で、自分の中でふと「この仕事って自分が本当にやりたいことなのかな?」という考えが起こるようになりました。

会社員として安定した日々を送ることができる安心感

たった一度しかない人生だからこそ、本当にやりたいことをしたいという冒険心

…こんな二つの思いが常に頭の中の隣同士にあります(´・_・`)


そんな中で『冒険に出よう』を読み返すと新たに多くの気付きが得られました。

毎日マンネリになりがちな会社員だからこそ、変化を恐れずに常に挑戦し続けていきたいと改めて思いましたビックリマーク

*******



最後に・・・安藤さんが実践していることの例として以下の3つが心に残ってます(≧▽≦)

ラブラブ

内なる声に従い、一歩を踏み出すキラキラ

行動によって、自分の川に流れをつけるキラキラ

挑戦の分母を増やし、失敗率を下げるキラキラ


最後に、今年2月に安藤さんのサイン会で撮った写真ですドキドキ
photo:01



ぜひ読んでみて下さいね(・ω・)/