ニューヨーク日和-The heart of it-

東京で3年間会社員として働いたあと、2015年7月ニューヨークに留学。2017年秋、大学院生活が始まりました。

イライラが充満した日本について

一般的に、「日本人はマナーが良く、礼儀正しい」と言われています。

例えばコンビニやファストフードでは、例え時給700円のアルバイトだろうと、月収17万の社員だろうと、一目で見分けがつかないほど完璧なサービスをしています。

これは世界でもトップクラスのクオリティーだと言われることが多いですし、私が海外旅行をしてきた数々の国の中でも群を抜いていると思います。

でも、だからと言って「日本人には思いやりがあり、優しい人が多いか」と言われると、YESとは言えません。


むしろ、本人には基本的にとてもイライラしている人が多いと思います。


そして、「こうあるべきだ」という枠の中から外れている人に対して、とても厳しい傾向にあると思います。

例えば、私は毎朝通勤ラッシュに揉まれていますが、意地悪な人が多いな、といつも思います。

電車の中で少し鞄や体が人に当たってしまうことってありますよね?重い鞄を持ちかえたり、抱え直したり、スマホを見ている時に、後の人に肘が当たってしまったりすることってありますよね?

そんな時、人の行動は3種類に分かれます。

①何にも気にせずにいられる人

②多少はイライラしていながらも、「満員電車なんだから、少しぐらい体が当たってしまってもしゃーないよね」と思い、我慢する人

③イライラを抑えられずに、肘で小突いてきたり、舌打ちしてきたり、睨んで来たりする人

私の感覚では、①2割、②7割、③1割っていう感じがしてます。


③はすごく攻撃的な方法でイライラを表現してくるタイプの人ですが、こういう人は結構多いです。

因みに私は②です。やはり神経質な日本人なので、駄目だとは思いつつもイライラしてしまうことが多いです(>_<)①になることが目標ですが。

また、横断歩道で、歩行者の信号が青になっている時。カーブで横断歩道を横切ろうとしている車の運転手は歩行者が渡り終えるまで待っていなければなりません。

例えば歩くのが遅いお年寄りが渡っていたり、青色信号が点滅になっているのに(時には、もう赤になっているのに)ダラダラと渡っている人がいた時、どのような行動をする人が多いでしょうか。

こんな時、クラクションを鳴らして歩行者を煽り、急発進でカーブしていくような車もいますよね。


★★★


この間、私自身が経験した話をさせて下さい。

朝、電車から降りてホームのエスカレーターに乗っていた時、1列のエスカレータなのに、なぜか皆歩いてエスカレータを下っていました。

私の前の人も歩いてエスカレータを下っていきましたが、「歩きたい人は隣の階段を利用すればいいのに」と思った私はエスカレーター上に立った状態で下っていくのを待っていました。

すると、私の後ろの人が、靴のかかとで下を突いて「ガンッ」と音を立てました。おそらく「早く歩けよ」という意味だったのだと思います。

私はそれに気づいていましたが、1列しかないエスカレーターで、皆が歩いているから、という理由で歩いて下らなければならない理由が分からなかったので、気にせずにいました。2、3回はガンッという音が聞こえたので、後ろの人は相当イライラしてたのだと思います(まぁ、これを楽しんでいる私も私ですが。笑)。

そしてエスカレータを下りて、私が歩きだすと、後のイライラ君がチッと舌打ちをしながら、わざと私の肩に思いっきりぶつかりながら抜かして行ったのです。

さすがにこれにはムッとしましたし、どうしてそんなことをされなければならないのか、全く理解できませんでした。

そんなに急いでいるのであれば、階段を利用してサッサと降りれば良いと思いますが、どうでしょうか。

例えば、もし私が足腰の弱層なお年寄りであったり、大きなスーツケースを持っていたりして、エスカレーターの階段を下ることができなそうだ、と判断された場合は、舌打ちされることもなかったのでしょうか?

どうして朝からこんなに理不尽なイライラをぶつけられなければならないのか、本当に疑問です。

その人には、天罰が下れば良いと本気で思いましたね。

★★★

一方、海外に行くと、これとは正反対のことが起こっています。

私は東南アジアの発展途上国を旅行することが大好きなのですが、お店のサービスがとにかく適当です。

デパートですら店員同士がペチャクチャお喋りをしていたり、いかにもやる気がなさそうな態度で接客してきたり(もちろん笑顔などない)、お客さんが質問してきても「I don't know(わからないわ)」と取り合ってくれないことは日常茶飯事です。

だからと言って、そこの国の人が全員冷たくてやる気がないかというと、全くそんなことはありません。

この間スリランカを旅行した時、列車やバスに乗って移動することが多かったのですが、かなりの満員で押し合いへし合いになっていても誰一人としてイライラした態度を出している人はいませんでした。

それどころか、旅行者の私達に席を譲ってくれたり、私が持っていた地図を覗き込んで、今いる場所を教えてくれたり、バックパックを抱えて持ってくれたりと、本当に優しい人が多い(思い出しただけで涙が出そうです・・・)。

列車の中では、社内販売のような形で、痩せこけたおじいさんが「ワデー」というスリランカのスナックを売っているのですが、満員列車の中でもお構いなしに進んでいきます。

人を押しのけて「ワデー、ワデワデワデワデワデー」と言いながら(←面白かった)人をかき分けて進んでいきます。また、押しのけられた人も全く気にも留めていない様子。

これ日本だったら、ワデー売りのおじさんを睨みつけたり、「満員電車の中でスナックを売り歩くのはやめろ!」とか言い出す人がいそうですよね。

発展途上国って仕事はテキトーだけど、皆お気楽な気持ちで働いているからストレスが溜まることがない⇒つまらないことでイライラすることもない、っていうことなのでしょう。



変わってるっていう人も多いと思うけど、私は断然こちらの方が生きやすい。だから、東南アジアが好きなんだと思います。


日本人は、とってもきめ細やかなサービスができるし、仕事のレベルがすごく高い。だからこそ、頑張って仕事することが当たり前になっており、結果として毎日無理して働いてイライラを溜め、攻撃的になる人が多いのだと思います。


皆さんは、これを読んでどのような考えをお持ちになりましたか?