ニューヨーク日和-The heart of it-

東京で3年間会社員として働いたあと、2015年7月ニューヨークに留学。2017年秋、大学院生活が始まりました。

もうここまで来たら、思いっきりアメリカナイズされちゃっていいんじゃないかと思えてきた。

アメリカナイズされていない自分

f:id:c-omori-0610:20180729060201j:plain

2015年7月14日にニューヨークに来ました。そこから3年が経ち、私は語学学校を経て大学院に入り、外資系の企業にインターンとして就職しました。

 

もう英語はネイティブと問題なく会話できる程度にはなりました。専門的な難しいトピックでなければ、そこまでのストレスもなく話すことができます。

 

しかし、私はまだ根っからの日本人だと感じることが多々あります。アメリカの価値観を取り入れ、自分を変えるためにニューヨークに来たのに、27年間日本で培ってきた「ザ・日本人」という部分をぬぐい切れていないように感じるのです。

 

1.人目を気にしすぎてしまう。

何かあるごとに他人の目を気にしすぎてしまいます。授業で分からないことがあってもその場で教授に聞くことなんて恥ずかしくてできないし、いまだに人にどう思われているか、英語が下手だと思われてないか、などなど・・・余計なことをぐるぐると考えてしまいます。

自分の視点+自分を斜め受けから見ているような視点の2つを持っているような感覚です。

そして、その斜め上からの視線が自分の行動を抑制してしまっているような気がします。この考え方がなくなればどんなに自由になれるだろうかと思います。

それに付随して自分に自信がありません。

海外の人は、とにかく自信のない素振りを見せる人がほとんどいません。どんなにできなくても、堂々としています。決して自分を卑下することなく、おどおどしている人などいません。

 

 

2.服装が保守的

アメリカ人って服装に関してはかなり露出もするし、割と中年の人でも堂々と足を出したファッションをするし、結構開放的ですよね。

でも日本人といえば、〇〇歳にもなってこんな服装をするなんて・・・などと言われることも多く、年齢に応じた服装を着ることがマナーであるかのような文化が存在します。

ファッション雑誌を見ていてもアラサー女子の、とかアラフォーからのメイク・・・などと年齢によってさも服装やメイクを変えていかなければならないような気にさせるキャッチフレーズが目立ちます。

こういうもので私達は洗脳されてしまっているのですね。

かくいう私も服装はいたって地味目です。無地のシンプルで露出が少ないカジュアル服を着ることが多く、この服だったら日本でも十分通用するような服の選び方になってしまっています。

せっかくアメリカに来て、自分を変えたいと思っているのだから、まずは服装から変えていかなきゃなぁと思います。

 

3.相手をどんどん褒める

アメリカ人はとにかく相手を褒めます。ドレスを着るとYou look gorgeous!!などと言ってべた褒めしてくれます。

また、道を歩いていて、Your dress looks very good on you!(そのワンピース、よく似合ってるわね)なんて知らない人から言われることも日常茶飯事です。ニューヨークは他の州に比べると他人に声をかける機会は少ないかもしれませんが、日本人よりはオープンです。

日本では、友達同士では「それ可愛いねー!」などと褒めることもありますが、知らない人やあまり親しくない間柄の人に馴れ馴れしくすると、「何この人・・・」となってしまいます(笑)

また、相手の幸せを素直に喜べない人が多いのも日本人の特徴かもしれません。

これに関しては前にブログに書いています。

c-omori-0610.hatenablog.com

 

私もアメリカ人の多くがそうであるように、誰の幸せでも自分のことのように一緒に喜んで、あげられるようになりたいですね。本当に・・・。

 

 

4.自分を変えられるのは自分だけ

変わりたい変わりたいと思っているだけでは人は変わりません。普段の自分だったら絶対にやらないような行動を起こし、発言をし、見た目を変えることによって周りの反応が変わり、それによって自分に自信がついていくのだと思います。

なので、思い切った変化を日常に取り入れてみることにします。

 

①露出度を増やす

せっかくアメリカにいるので、少し露出をして、セクシーな服にも挑戦してみようと思います。

日本だと敬遠されてしまいがちな、胸元があいたTシャツやスカート、タンクトップなど、肌を見せたファッションをしようと思います。年齢なんて気にしない!

 

②おしゃべりだね、と言われるぐらい話しまくる

私は彼氏や家族の前ではよく喋るのですが、それ以外の友達の前では基本的には大人しいほうです(酔っぱらった時以外。笑)なので、キャラを変えるために、とにかく誰とでも喋りまくる(会話を楽しむ)ことを心掛けたいと思います。

 

③英語をもっともっと勉強する

語学にゴールはない!ということで、さらに英語をブラッシュアップしていきたいと思います。

 

④友達を作る

ニューヨークに来たばかりの頃は語学学校で友達を沢山作っていましたが、だんだんとその勢いはなくなっていき、今は固定の友達とばかり過ごしています。

しかし、せっかくニューヨークにいるのに友達を作らないのはもったいないと思うので、どんどん知り合いを増やしていけるように出会いの機会を増やそうと思います。

また、アジア人っていうだけで、なんとなく差別されてる気がして白人ばかりの場に身を置くのが億劫になっていた(考えすぎ)けど、そんなの全く気にせず、パワフルに人種が違う友達をたくさん作ろうと思います。

 

 

留学生活4年目。もう1度初心に帰り、ニューヨーク生活をエンジョイしようと思います。