ニューヨーク日和-The heart of it-

東京で3年間会社員として働いたあと、2015年7月ニューヨークに留学。2017年秋、大学院生活が始まりました。

ステージが上がった時

f:id:c-omori-0610:20190403050933j:image

※この記事は2018年7月3日に書いたものです。


友達関係は人生のその時々で変わっていくものだと思います。


私はニューヨークに来てから来月で丸3年になりますが、日本で仲が良かった友達との連絡の頻度はかなり減ってきています。


また、ニューヨークに来てからも語学学校に通っていたころの友達、大学院に入ってからできた友達、インターンを始めてから知り合った同僚など、周りにいる人は変化しています。


年に1度のペースで一時帰国していますが、大学時代の友達や元同期のメンバーで遊んでも昔のように馬鹿話をして騒ぐ、みたいにならないのです。

 

みんなは仕事、結婚、芸能人について話していましたが、私は就労ビザ、大学院の履修登録、ニューヨークの家賃などについて話している、、みたいな感じです(笑)

 


なんていうか、同じ世界を生きてるような感じがしないのです。

 


私は人生の中で環境が変わると周りの人々や友達も変わっていくものだと確信しています。そして、友達が移り変わっていくのは自分自身がアップグレードされていっている証拠だと捉えるようにしています。

 


昔を懐かしみ、変化を不安に思う気持ちももちろん理解できますが、それを恐れずに突き進んだ先にはまだ見たこともないような景色が広がっています。

 


仲が良い友達との会話の中で違和感や価値観の違いを感じたら、自分と相手のレベルに差が生じている証拠です。

 


新しい知り合いを見つけるチャンスが巡って来たのかもしれません。


何事もプラスに捉えてハッピーに生きていきましょうね(ᵔᴥᵔ)


#ニューヨーク #日記 #留学 #考え